2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009年05月13日(水)

韓国コスメ 感想①

韓国でのミッション以外の時間はそりゃもーショッピング、
って言っても ほとんど化粧品!を今回はどーんと買いました。
タベモノ系は発送しちゃいましたから、帰りはスーツケースまるごと化粧品(笑)
最終的に15kg!化粧品って意外と重いんだなって。
ビンに入ったものとかが多くてね。

しかしこれだけのものを買ってもこのお値段っ。貧乏人にやさしい国やった。。。じーん。
私の生活レベルこっちやわ。。。

で、ごっそり買って帰ったいろんな化粧品をただいまお試し中。
乾燥肌のワタクシ、韓国の化粧品は保湿系のものが多くて肌に合うよう♪
化粧品ってあわへんのは徹底的にあわへん。
口紅でクチビル腫れたこともあるし、アイシャドーでまぶたかぶれたこともあるねん。
どっから見てもアジア人やからやっぱし私にはアジアコスメが合うらしい。
かといって日本のヤツでも結構かぶれたりする。。。
相性ピッタリのコスメ探しはいつまでたっても終わりのない旅なのだ。
以下、感想を。

■雪花秀(ソルファス) 石鹸 
solf
韓国の化粧品の中では高い。それだけに期待も可。
ふーるんちゃんが石鹸いいらしいよ、というので衝動買い。1個1000円ぐらいするのだが、今までマジックソープ ↓ 使ってたからこれも結構高かったしそんなもんかなと割り切れる。

マジックソープもよく落ちたけど、つっぱる感があり。

雪花秀の石鹸はニオイはもろ漢方なニオイ。風呂に充満、くさいわあ~。でも私は嫌いじゃない。
黒っぽい色がまた漢方が凝縮された感じで見た目も期待度大。
泡もブクブク出る石鹸ではないが少しの泡でもメイクやら汚れも良く落ちてて、しかも全然つっぱり感がないのです!!これはスゴイ。なんだか洗ったのに顔に一枚膜が張ったような。
これはいきなりお気に入りの一品に。
他の雪花秀のシリーズも使ってみたくなりました!

■バニラ・コ 
  プライムプライマー
  ルミナイザー
  マルチプルBBクリーム

banira1
毎日メイクはこのトリオでOK。
下地のプライムプライマーはサラッとしたタッチで脂ギッシュにならず毛穴をうめてくれるらしい。
おかげさまでほんとーにギッシュにならない。スゴイ!!

ルミナイザーは肌を明るくする下地。これも上品なパールで塗ると顔が明るくなります。
RMKのパール入り下地をずっとここんとこ気に入って使っていたけど、ルミナイザーもなかなかのもの。

マルチプルBBクリームは結構伸びがいい。
程よい色づきでファンデの代わり。いつもリキッドファンデ派だったので違和感はナシ。
むしろリキッドファンデよりも軽くて毛穴がふさがった感がない。SPFも入ってるし、ラクでよし。

そんなわけでメークベースはこのトリオにはまってます。あとパウダーをはたくだけ。
一日たってもあんましテカらないし、くずれません。

これもそこらの韓国コスメの中ではそこそこ高いけどそれだけになかなかいい仕事をしてくれはる。
次回行くときはここのコスメもドカ買いしたい。

■スキンフード アボガドアイリッチクリーム
skinf1
日本の化粧品ってアイクリーム高いんだもんなー。
これならたっぷり目元にぬれてしっとりするので前回使ってみてよかったのでリピしました。
同じくアボガドシリーズの化粧水と乳液も夜用に使ってます♪こちらもサラッとしてるけど朝になってもかさかさしてません♪
なのでアボガドラインはお気に入りに。

スキンフードは食品を使っているというのが売りなのでヘンテコなものがいっぱい。
今回はキャビアとかサーモンとかのラインがありましたね。
他トマト、ガーリックなども興味をそそられました。
かといってニオイがそんなにキツイわけじゃないからそーいうキワものにもチャレンジしてみたいでっす。

他のコスメの感想はまた後日。

スポンサーサイト
17:41  |  2009春・韓国  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009年05月10日(日)

韓国の本屋さん《永豊文庫 鍾路本店》

韓国ですっごく広い本屋さんに行った。
それが《永豊文庫》
実は「私の名前はキム・サムスン」とか「コーヒプリンス1号店」などドラマのロケにも使われたトコらしい。出てたっけな。。。見直してみる?
特にロケ地に行こうと思ってなくても実は知らんうちに行ってたりする。

地図にデカデカと載っているのにいざ行ってみると、大きいと聞いてたわりに地上には本屋らしきものがなく、表示もなく、迷い迷って地図の本屋があるハズのところにあるビルの真正面から入ってみる。

ふつーのオフィスビルっぽいんだけど・・・こんなトコにあるのか??
しかも日曜、ヒト気ナシ。
しゃーなしに玄関入り口にいらっしゃる受付嬢、ではなく、守衛のおっさん2人に地図を見せて本屋はどこか聞いてみる。
ちょっとこわそうで、私ら場違いな雰囲気だったけど、これまたおっちゃんらええ人やったわ。

まさかこのビルの中にあると思ってなかったがぐんぐんビルの中に進んで案内してくれるおっちゃん。
エレベーターで下へ行け、という指示。

え~、こんなオフィスビルの地下にあんのん~??
エレベーターの扉が開くとそこは本屋♪

おお~!!カムサハムニダー!!
親切に教えてくれたおっちゃんらに感謝。
でっかーい本屋、まさか地下にあるとはな。。。
そりゃーなんぼ地上歩いてもみつかれへんわっ。

でもほんま広いすなあ~。んで、キレイ。
プチフードコートもあってこんなん本好きやったら一日おれるやん♪
中国語モードに入ってたのであえて本とか見なかったけど、韓国語の辞書とかお子様ドリルとか勉強用に買ってくればよかったかなあ。。。

ふーるんちゃんが探し物をしてる間プラプラ文具コーナーを見たりなんかしてた。
なんとなく可愛くて衝動買い ↓
umauma
さてこれなーんだ?

正解は ↓
00:42  |  2009春・韓国  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009年05月07日(木)

ホットックミックス(호떡믹스)

そういや、ホットックミックス、買ってたんです。
htk2
今回現地で食べれなかったけど、以前ちょっとかじったときは甘くておいしかった♪
無謀にも作り方オールハングルなのに買ってしまった。。。
よーっしゃあ~作ってやるおおおおお~☆

中をあけてみるとパックが3種類。
ミックス粉とイーストとジャムミックス。
htk1
分量はあと水を用意するだけ。
そこまではなんとか読めたかな。。。

作り方は・・・結局ほとんど絵で想像。
ハングル読めても意味がわからんことに気づく・・・バカ。
微妙なヒントを読み取りつつ。。。

①ミックス粉とイーストと水を混ぜ合わせる。
 セットになってるから分量はからんでえーし楽ダワ。

②30分置いて寝かせる。2倍に膨れるまで。
 htk3
 10分ほど置いてみて常温ではどうも膨れそうになかったので、「40度から45度」みたいな表記があったのでお湯を入れた鍋の中にボウルをつけておいたら膨らんでました。

これシナモンシュガー&ナッツだったんだけど・・・。水で溶かずにそのまま包むのか??
 htk4
これについてはとくに水に溶くような絵がなかったし・・・。疑問に思いながらも絵のとおりそのまま生地に包んで焼くことに。

③生地をとり中にシュガーをいれて焼く。
フライ返しでちょっと押して焼く。

焼けましたっ!!!
htk5

粉状のシュガーが溶けて中から出てきてます。うまそお~☆
htk6
モチモチの生地が外はカリッと♪これはうまいわ。
見た目ホットケーキだけど生地は全然違います!!
シュガーが結構余ったのでそのままつけて食べても美味でしたー。
シナモンきらいな人はそのまま食べてもいい感じ。
韓国はモチモチとした感じの食感のものが好きなのですねー。

子供らが帰ってきたらおやつにサッサとなくなりそうなので今のうちにパクっ☆

自分で作るホットックの作り方もみつけたので次回はチャレンジ!! → こちら
13:48  |  2009春・韓国  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009年05月06日(水)

3日目:《RansHome》 伝統家庭料理

約3時間半のプログラムもいよいよ最後となりました。もうあっという間だったなあ。
韓国満喫のシメ、です。
ran先生による伝統家庭料理をいただきます♪

チョッカラ・スッカラも何気にお洒落☆
ryori1
まずはサラダから。
ryori2
ふつーに見えるサラダだが、このドレッシングが侮れない!!
初めての味。ちょっと甘いのね。ツブツブした黄色いソース。
タマネギの甘みかしら?
聞いてみるとなんとトウモロコシ。トウモロコシをミキサーで細かくしてるんだそうです。
そうそう、そうねこの味 コーンスープの甘さだ!
ドレッシング一つとっても健康的。
おいしい。。。

お次は 海鮮チヂミ。焼きたてでフチがパリパリ~!美味っ!!
ryori3

お次は 宮廷料理だという宮廷トッポギ
真っ赤じゃなくて茶色。しょうゆベースのお味。
ryori4
しっかりと味がついていてお弁当のおかずにもなりそうな、白いご飯が進む系!
お箸も進みます。野菜にお肉、こちらは食材をたくさんつかっててほんと元気になりますね。
コチラで作り方を発見。
トッポギ=もち、はおなかが膨れるっ。
もうお腹一杯になってきた・・・。

他、小皿満載。さっき漬けたキムチといろんな種類のキムチ、ノリ、ナムル等!
ryori5
ryori6
どれも美味しかったな♪

いっぱいお皿が並んでるとなんだかうれしいですねえー☆
ryori7
ちょっとずついろんなものが食べられて、もー満腹、満足♪
一日30品目っていうけどこの日はこの食事だけで余裕でクリアできそう。
最後のシメにふさわしい韓国のおうちご飯をいただくことができました。
先生、ごちそうさま♪

韓国でのご飯は振り返ってみても健康によさそうなものが多いし、ほんとに美味しいものばかりだった!そりゃー道行くアジュンマ、お肌にハリもあってツルツルなのもわかったような気がします。。。
化粧品もすごくいいと思ったけど、やはり食事が大事なんだなって思いました。

先生のお肌もキレイだったの。
でも衣裳部屋にあった鏡台に置かれていた化粧品は・・・韓国のモノではなくクリニーク、ってあ~た。ふーるんちゃんよく見てんな~。
やはり「食」が基本ね、と改めて思って日々の自分家の食事作りを反省。。。
15:02  |  2009春・韓国  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009年05月03日(日)

3日目:《RansHome》 キムチ作り

チマチョゴリを脱ぎ今度はエプロンをつけます。いよいよキムチ作り♪

その前に先生のウチから見える景色を少し。
マンションの4階になるんですが、キッチンの窓からこんな景色が。
rans17
ふーるんちゃん韓国ドラマそのものだ~って興奮気味。

結構カワラがガタガタねえ・・・。屋上にツボのようなものが。
rans18
どこの家にもでっかーいツボがあるの見たんでキムチ漬けてんのかな~なんて想像。

韓国のふとんは派手だというけど、確かに赤、って派手。
rans19
またこんなとこ撮ってるし。。。


さてさてキムチ作り、ですが、もちろん簡易的なもので、材料はすでに用意されとります。
rans21
先生と私ら、3つ分。

このテーブルの傍らにでっかーいキムチ冷蔵庫がありました。
キムチの材料とかキムチを保存してるそうです。さすが韓国。キムチの国!

先生テイストのキムチを教えていただきます。
白菜、ニラ、ネギ、大根、ナシ、エビetc。
rans22
もう白菜は塩がしてあります。結構塩辛い。
シーズンが過ぎてるようなのでナシも去年のものだとか。そりゃ材料保存するにも専用冷蔵庫いりますわな。

この材料にニンニクすりおろし、しょうがすりおろし、粉とうがらしなどを加えていきます。
はい、だいたいスプーン一杯ぐらいね、とかそういう結構アバウトな感じで。
(レシピの参考は「ranshome」のページ、キムチの作り方へ)

このあたりから作業するんで全く写真はとれてません。。。
ビニールの手袋はめて白菜以外の材料をいれたらひたすら混ぜ混ぜ。
しっかり混ぜる。
粉唐辛子でみるみる真っ赤に。
しっかり混ぜ混ぜしたら白菜の葉の間にその混ぜたものを塗ってはさんでいきます。
一枚一枚の間にしっかりとね。
主婦なので手際がいいって言われました。ま、いちおー10年はやってますから・・・。

できたら味見を少々。

あ、もうこれでご飯食べれるわ!!というぐらいウマイ。

5日後ぐらいからが食べごろとのことでしたが。
味は作りたてよりも薄くなるそうです。
帰ってから食べるのがこれは楽しみ!
作った後は密封パックしていただいてお持ち帰りとなります。

帰って詰め替えたものがこちら ↓↓
rans24
前回の訪韓でゲットしといたキムチ入れ。
頑丈だし冷蔵庫にニオイうつらないし、値切らずに買ったものだけどかなり重宝。
いつも市販のキムチをいれて愛用してます。
今回は自分で作ったキムチを入れられて感激よん。

ranさんの味付けのキムチはあんまし辛くなくて食べやすかった。子供もパクパク。
その家庭の味があるそうですので作り方も人それぞれ。
またいろんなキムチ作ってみたいなあー。
日本では材料をそろえるのが結構大変そうなんだけどな。
エビとかがちょっとなあ。また冬になって白菜どーんと買ってチャレンジしてみたいと思ってます。

しかし混ぜるだけなので、意外にあっさり終わってしまったな・・・キムチ作り・・・。
でもまだプログラムは残っています♪
22:54  |  2009春・韓国  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。